澤田流郄門(さわだりゅうげきもん)

 

マツモトコウイチドットコムではお灸のある生活を提案しています。ときどきツボの位置を確認して正しくご活用ください。今回は澤田流郄門の部位をご紹介します。

 

場所

 

郄門というツボがあります。その部位は前腕前面の中央に取ります。澤田流郄門はどうかというと中央から肘よりに移ったところに取ります。前腕前面で肘から手首に向かい3分の1の距離になります。

 

取穴の方法

澤田流郄門は昭和初期の名人と謳われた鍼灸師澤田健先生が用いた腕のツボです。

通常の郄門よりも肘寄りに取穴します。澤田流郄門のほうが圧痛が感じられることが多く特に左手の郄門は反応が著名にでることが多いです。

手のひらを上に向け、腕をテーブルなどに置いて安定させてお灸をしましょう。ちょうど血圧を図るような姿勢になっていることでしょう。

 

写真で見る

 

YouTube

 

 

備考

 

もともと澤田流郄門に限らず、郄門は心包経という経絡に属し、これは心臓の鼓動や血圧、また精神的な不安定さやストレスによる負担に反応があり、対処として効果的だと考えます。

施灸をするだけでなく普段からストレスや貧血(脳貧血:立ちくらみ)のチェックに反応をみて早めに対処するために活かせる部位です。

 

The following two tabs change content below.

マツモト コウイチ

東洋思想研究家でありUdemy講師でもあります。開業15年超の鍼灸師です。ビジネスから教育、エンターテイメントまで多くの人の成功と挑戦を東洋思想家として見渡しています。すべての投稿に関して講義講演が可能な内容となっています。居敬窮理(振る舞いを慎み、道理をきわめて、正しい知識を身につけること)を実践していこうと思います。

最新記事 by マツモト コウイチ (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

東洋思想研究家でありUdemy講師でもあります。開業15年超の鍼灸師です。ビジネスから教育、エンターテイメントまで多くの人の成功と挑戦を東洋思想家として見渡しています。すべての投稿に関して講義講演が可能な内容となっています。居敬窮理(振る舞いを慎み、道理をきわめて、正しい知識を身につけること)を実践していこうと思います。