労宮(ろうきゅう)

 

マツモトコウイチドットコムではお灸のある生活を提案しています。ときどきツボの位置を確認して正しくご活用ください。今回は労宮の部位をご紹介します。

 

場所

 

教科書的にいうと手掌にあり第3・第4中手骨間、中手指節関節の近位陥凹部に取ります。

 

 

取穴の方法

 

労宮のツボは手のひらにあります。鍼灸における手のひらのツボというのは意外に少なく4つほどですが、そのうちの1つです。

取り方ですが、手を軽く握った時に薬指の先端が手のひらに当たる位置と同じく中指の先端が当たる位置とその中間点です。おおよそ手のひらの中心の一番凹んでいるところが目安になります。

労宮にお灸をしている間は、手のひらをしっかり広げておきましょう。手のひらがすぼまっていると、無意識に指が折れ曲がり火に当たって火傷をする恐れがあります。当たり前に聞こえますが無いことは無いので注意してください。

 

写真で見る

 

 

YouTube

 

 

備考

 

手のひらのツボは裏合谷をご紹介したことがあります。

その場所の近くなのですが効果効能がまったく違うというのが東洋医学、鍼灸の面白いところですね。

労宮は精神疲労に有効とされています。お灸をすえるだけでなく、普段からゴルフボールを握ったりテニスボールを押し当てても良いですね。

普段から手が冷たい女性などはマメに労宮にお灸をすえると良いでしょう。冷えたからお灸をするのではなく、冷えを感じなくてもずっとお灸をしておくと自律神経が整うので冷え性から卒業できます。労宮だけの話しではないのですが、基本的に労宮や合谷そして三陰交などをセットに考えると良いでしょう。

労宮は精神的に参りやすい人にコツコツお灸をしてほしい場所です。

 

 

 

The following two tabs change content below.

マツモト コウイチ

東洋思想研究家でありUdemy講師でもあります。開業15年超の鍼灸師です。ビジネスから教育、エンターテイメントまで多くの人の成功と挑戦を東洋思想家として見渡しています。すべての投稿に関して講義講演が可能な内容となっています。居敬窮理(振る舞いを慎み、道理をきわめて、正しい知識を身につけること)を実践していこうと思います。

最新記事 by マツモト コウイチ (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

東洋思想研究家でありUdemy講師でもあります。開業15年超の鍼灸師です。ビジネスから教育、エンターテイメントまで多くの人の成功と挑戦を東洋思想家として見渡しています。すべての投稿に関して講義講演が可能な内容となっています。居敬窮理(振る舞いを慎み、道理をきわめて、正しい知識を身につけること)を実践していこうと思います。