「マツモト コウイチ」の記事

そろそろ頭痛はお灸でサヨナラ

  今回はさまざまな頭痛について簡単に説明するとともに、東洋医学的な考え方や対処をご紹介します。   現代医学的に頭痛をどうみているか 頭痛にもさまざまな分類がありまして   まず頭痛には頭…

【インタビュー】秩父市強谷鍼灸治療所

今回は秩父の勉強家の強谷(すねや)先生にインタビューしてきたよ。 先生は埼玉県の秩父市に「強谷鍼灸治療所」を構えて7年目なんだって。     インタビュー   キュウタロウ:先生はなぜ鍼灸師…

自作you tube再生時間上位コンテンツ

you tubeを始めて約1ヶ月。まだまだわからないことだらけですが、自分の考えをアウトプットできる貴重な場所だと認識しています。そして、これから数年をかけて新しいチャンレンジの準備に取り掛かります。 今回はそのなかで総…

原因不明のノドの違和感

風邪を引いたわけでもないのに、ノドの違和感が治まらない。もしかしたら、魚の骨でも刺さっているのかと、しかたがないので耳鼻科に行くも、ノドを覗いてもらったけれど異常はないと言われた。ビー玉が詰まっているような感じがあるのに…

you tubeで稼ぐための工夫とこれから

自分のやるべきことを考えた場合、意見表明をする場があるのは助かりますね。それが仮にyou tubeという場であっても環境が整っているのですから使わない手はありません。 今回はyou tuberを目指して行動することとアク…

思わずユーチューバーになっちゃった話

人生というものは、あとから考えれば必然かもしれないけど、現状からすれば偶然というものばかりだと言います。 今回、奇しくも私がユーチューバー(?)になった経緯をお話しします。   やりたいことをやるために必要なこ…

アンサー計画

鍼灸の普及啓蒙は鍼灸師として切実な問題です。 そこで私の考えと行動を「アンサー計画」として立案し、それにのっとって普及啓蒙をはかりたいと思います。今回はその説明についてです。一般の方は最下段の「さいごに」だけでも読んでく…

時間管理の3つの視点

日本人の収入アップの発想が、その多くが「時間の切り売り」だったりします。時給をあげることも、長い時間働くことも、目先の考えでは正しく思えるものですが、時間の切り売りでは限界があるでしょう。   今回は収入アップ…

経絡治療という流派

鍼灸には事実上の流派が存在します。それは鍼灸師の意識している場合もありますし、無意識な場合もあります。そのため、あの鍼灸院とこの鍼灸院ではやることが違う、という感想をよく聞きます。鍼は痛いだろうと思っていても、刺さないや…

アドセンス承認されました

  鍼灸院のホームページとは別に集客目的ではなく、純粋な情報発信としてブログを書き始めて1年が過ぎました。 日々の臨床のあいまに時間を捻出するのは本当に厳しいものですが、ここまでよくやってこれたと(自己満足です…

地元でお話しする機会2

今回が2回目の案件となりますが、ブログを始めてから講師を引き受けたのが2回目ということで、かつて何回か講師を引き受けたり主催していたりします。 公に向かって発信していくのが2回目ということで、今回の意気込みなどを書いてい…

仁義などの五常について

鍼灸師や東洋思想に興味のある人は、仁義という言葉を耳にしたことがあると思います。それを大切にするということですが、実際に仁とは?義とは?ということになってしまいます。 ここでは、東洋医学でも紹介される五常として朱子学(新…

天宗(てんそう)

  マツモトコウイチドットコムではお灸のある生活を提案しています。ときどきツボの位置を確認して正しくご活用ください。今回は天宗の部位をご紹介します。   場所   教科書的には肩甲部にあり、…

残暑疲れにお灸で対処!

  ここ数年の夏の暑さは日本各地で猛威をふるっています。この厳しい暑さで心身ともに疲弊して秋ぐちまで大きくダメージを引きずる人も多くいることでしょう。 今回は残暑疲れをいかに残さないか、基本的なお灸を続けること…

書評『ZEROtoONE』

今回はゼロから何を生み出すかというアントレプレナーのお手本であるピーターティールの著作についてご紹介します。彼は世界最大のオンライン決済システム、ペイパルの共同創業者であり、現在はエンジェル投資家として活躍しています。 …

太衝(たいしょう)

  マツモトコウイチドットコムではお灸のある生活を提案しています。ときどきツボの位置を確認して正しくご活用ください。今回は太衝の部位をご紹介します。   場所   教科書的には足背にあり第1…

足がつるをしっかり治す

  ある人は「足がつる」といい、ほかの人は「こむら返り」ということがあります。突然、筋肉が痙攣(けいれん)してあまりの痛さに不安になる人も多いと思います。今回はいわゆる「足がつる」を治し予防しましょうというお話…