012成長のひけつ

 

資料化した情報カードの一部をご紹介します。これらの内容は講演・執筆テーマとして対応可能です。ご検討する際にお役立てください。

 成長のひけつ

 

1996年から99年まで売上が20億ドル以上の企業は

それぞれ平均138の提携を結んだ

『フォーブス2001年3月号』

 

大企業でこれだから零細企業はより多くのことができるはず

 

これからの成功は連帯がポイントに

 

人は一人では何もできない といますが、逆にいうと多くの物事を達成するには、多くの人と協業することが望まれるのではないでしょうか。

競業だけでなく協業することによって、お互いの価値を作るというのは珍しいことではありません。

個人レベルでもVALUじぶんコインだけではなくSNSやコミュニケーションツールを活用して、端的に協業が可能になっていく未来があります。

もちろん、私も持っている知識・経験は多くの人に活用してほしいと思っています。緩やかな連帯こそ大きな利益を生み出す可能性を秘めているのです。

 

The following two tabs change content below.

マツモト コウイチ

東洋思想研究家でありUdemy講師でもあります。開業15年超の鍼灸師です。ビジネスから教育、エンターテイメントまで多くの人の成功と挑戦を東洋思想家として見渡しています。すべての投稿に関して講義講演が可能な内容となっています。居敬窮理(振る舞いを慎み、道理をきわめて、正しい知識を身につけること)を実践していこうと思います。

最新記事 by マツモト コウイチ (全て見る)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東洋思想研究家でありUdemy講師でもあります。開業15年超の鍼灸師です。ビジネスから教育、エンターテイメントまで多くの人の成功と挑戦を東洋思想家として見渡しています。すべての投稿に関して講義講演が可能な内容となっています。居敬窮理(振る舞いを慎み、道理をきわめて、正しい知識を身につけること)を実践していこうと思います。