じぶんコインが自分の力を覚醒させる!

 

暗号通貨とは言えないけれど、似た概念を用いることでその価値を急激に増やしているネットサービスがあります。私はこのサービスを「価値を作るレッスン」だと捉えました。じぶんコインというサイトです。

なぜ、現代では「価値」に気が付かなければならないのでしょうか?

物があふれ、情報があふれ、お金は極端にどこかに偏ってしまいます。この流れを食い止めるために必要なのは「大企業の庇護」でも「年功序列の権威」でもなく「自分が発揮しうる価値」なのです。

https://crypto-app.tokyo/qCoin/?m=koichi2jp

 

価値!価値!価値!!

暗号通貨と価値の話

 

日本では暗号通貨を聞いたことがある人のイメージは、ほとんどが「儲かる!?」「損する!?」「持ってたほうがいい!?」というフィアット(※1)との交換が前提でギャンブルの一手段として考えているようです。

※1フィアット通貨…フィアット・カレンシーとは、日本円や米ドル、ユーロなど、中央銀行が発行した通貨のことを指します。

暗号通貨の詳しい説明は他に譲りますが、その大きな目的が「価値の保存」だということなのです。

 

価値って一定じゃないんですか?そんな疑問を持つ人がいるでしょう。

1万円はずっと1万円っていう額面が通用しています。

それでも物価を考えたら相対的にお金の価値が下がっていると考えることができます。

 

つまり数十年前は「アンパン1個」が5円だとしましょう。

いまでは120円くらいでしょうか。単純に考えて24倍の値上がりですが、

お金の価値が24分の1になったとも言えるのです。

 

極論を言うと、お金(紙幣)は無限に刷ることができます。

いまでは金(ゴールド)との交換という裏付けがなくなっているのです。

 

ですから、手元に100万円があって10年持っていると、

額面は100万円ですが、価値としては新たに印刷されたお金のぶんだけ希薄化しているわけです。

 

暗号通貨が突きつけた現実は、フィアットで儲かることではありません。

今まで以上により良い形での価値の保存を実現することなのです。

 

暗号通貨が人間に考えろ・気がつけと言っている

 

暗号通貨を受け入れるには、技術や可能性だけではなく、いままでのフィアットとの違いを理解する必要がでてきました。そこで「お金とは?」「銀行とは?」「価値とは?」「通貨とは?」様々な「わかっていたつもり」を再認識する機会を与えました。

(まだ暗号通貨を毛嫌っていたり、損得の視点で考えている人は「再認識」ができていないのでしょう)

人間は、思いの外、お金が必要だったわけじゃないと気づくのです。

それでは、何にこんなに躍起になっているのでしょう?

それは「価値」を生み出すことができるかどうかということです。

 

ネットが情報共有を簡単にしたように自分コインが価値の顕在化を簡単にする

 

価値の前提には「信用」というものが欠かせません。

それを金銭的な担保にして制度化したり、自分の知り合いだけに限定するなど、いろいろな方法で信用を形作ろうとしています。

じぶんコインは、情報をオープンにすることで個々人の信用を評価してもらう機能が働きます。何かのアクションでツイートされれば、その価値が履行されたり、価値提供をアピールしたり、信頼の醸成に役立つのです。

金銭的な価値観だけにしがみついていた時代の終焉です。お金の他にも、健康度合いや精神的な成熟度、知識の量や人への優しさ・ユーモア、誠実さなど、いままで人間に大切な要素でもスコア化にしにくいものが、価値の提供を自作することによって顕在化しようとしているのです。

この試みは、とても革新的なアプローチだと思います。

ある意味では「価値」を再考するために起きた思想的進歩かもしれません。(まだ一部の人だけですけどね)

 

さいごに

 

本来「正直者が損をする」というのは、あってはならない社会の形態です。それをテクノロジー的に解決しようとするのが暗号通貨のひとつの意義であり、そこで気づいたエッセンスをハードルを低くして提供しているのがじぶんコインだと言えます。

子ネコが小さい頃にじゃれることによって、大きくなって狩りを覚えるように、自分コインで価値提供を覚えることは、金銭的な資本の活用や本格的な暗号通貨の活用のすばらしいキッカケとなるでしょう。

自分に価値が無いと思っている人は、まずじぶんコインを縦横無尽に理解するまで味わい尽くすことをおすすめします。そして、誰かに説明しているときは「価値とは何か」「どうやって価値を作るか」ということが得意になっているでしょう。

必要なのは「お金」ではなく「価値」に対する考え方なのです。

私はじぶんコインが素晴らしい教材だと思っています。何よりも楽しみながら、深く考えずに本能的に理解できるようになるのですから、これほど素晴らしいものはないと思います。

 

おまけ

 

私はツイッターがこのブログの投稿のお知らせくらいにしか使っていませんでしたが、じぶんコインを使うことによって、ツイッターの苦手意識がなくなりました。本当に感謝です。

コミュニケーションの入り口としても最適ですので、バンバン「スーパー儒医コイン」の普及と価値向上につとめたいと思います。

いまのところ30枚から価値提供しています。30枚でなぞかけします。70枚でVALUで紹介記事、100枚でこのブログで紹介記事を作成します(ちょうどこの記事は100枚での価値提供のサンプル的な位置づけになります)。もちろん他にもいろいろあります。

最新の価値提供について詳しくはこちらをチェックしてくださいネ

 

The following two tabs change content below.

マツモト コウイチ

東洋思想研究家でありUdemy講師でもあります。開業15年超の鍼灸師です。ビジネスから教育、エンターテイメントまで多くの人の成功と挑戦を東洋思想家として見渡しています。すべての投稿に関して講義講演が可能な内容となっています。居敬窮理(振る舞いを慎み、道理をきわめて、正しい知識を身につけること)を実践していこうと思います。

最新記事 by マツモト コウイチ (全て見る)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東洋思想研究家でありUdemy講師でもあります。開業15年超の鍼灸師です。ビジネスから教育、エンターテイメントまで多くの人の成功と挑戦を東洋思想家として見渡しています。すべての投稿に関して講義講演が可能な内容となっています。居敬窮理(振る舞いを慎み、道理をきわめて、正しい知識を身につけること)を実践していこうと思います。